一般社団法人南九州ドローン操縦士協会(PDM:通称(パドム)は、平成29年6月にドローンの講習を行う講習団体として宮崎県初となる国土交通省認定団体になり、平成30年には講習団体を管理する管理団体に認定されました。只今、当協会認定の講習団体も宮崎県5校(宮崎県えびの市・宮崎県西都市西米良村・宮崎県串間市・宮崎県延岡市・宮崎県都城市)鹿児島県1校(鹿児島県阿久根市)にありお客様が近い所で講習受講できます。宮崎県・鹿児島県・でのイベント等も行っており見学会・体験会も随時行っています。ドローンを見て触れて楽しく学んで頂けたらと考えております。

令和5年1月から一等無人航空機操縦士(二等無人航空機操縦士)登録講習機関として公認を受け国家資格を受講できる機関となりました。

 

 

 

 

国土交通省HPの登録講習機関一覧

 

お知らせ

近日中にe-ラーニングによる無人航空機操縦士国家資格学科講習を開始致します。

【e-ラーニング】

二等経験者(基本・目視外・夜間)最短1日で取得可能

二等初学者(基本・目視外・夜間)最短2日で取得可能

※人材開発支援助成金の対象となります。

※上記の日数は本部での実地講習の日数となります。

※事前お申込み受付を開始しました。

※学科は時間がある時に自宅、事務所のPCで受講出来ますので実技のみ本部にお越しいただければ大丈夫です。

 

 

トピックス

2024.03.22 令和6年3月25日のシステムメンテナンス以降、飛行計画通報時の調整機能が追加されます。

令和6年3月25日のシステムメンテナンス以降、通報した飛行計画が他の飛行計画と重複した際、当該通報者間の調整をDIPS上で実施できる機能等が新たに追加されます。
機能の概要については、下記資料をご参照ください。

PDF|表示 飛行計画通報の調整機能追加について                 

また、上記追加機能に係る詳細な操作方法については、以下のDIPS操作マニュアル(飛行計画通報編)の、「07.飛行計画重複時の調整方法 / 1).調整メッセージを送信する場合」をご確認ください。
PDF|表示 ドローン情報基盤システム操作マニュアル 飛行計画通報編

2024.02.27 カテゴリーⅡ飛行(レベル3.5飛行)の許可・承認申請に係る説明資料について

令和5年12月27日、無人航空機による物資輸送やインフラ点検業務等の事業化促進を目的として、カテゴリーⅡ飛行(レベル3.5飛行)を可能とする審査要領の改正を実施したところ、レベル3.5飛行制度への理解を深めていただく事を目的として、当該制度の内容や申請手続きについてを平易に解説する資料を公開しますのでご参考ください。

PDF|表示 補助者を配置しない目視外飛行(レベル3飛行等)申請について

【重要】民間講習団体が発行する技能認証を取得する方へ

民間の技能認証を用いて飛行許可を受ける際の申請書類の一部を省略する運用は令和7年12月に終了します。




ニュース

アクセスカウンター